2016年11月03日

進化のない道具のちょっとした進化

何もかも便利になったこのハイテクな現代で、昔からほとんど形も変わらず、
あまり進化していない道具の一位って何だと思いますか?

僕は「傘」だと思うのです。
数百年前からほとんど形は変わっていないですし、
未だに片手がふさがるし、足元は結構濡れるし・・・
そろそろ革新的な、画期的な傘が出てきてくれないものかなぁと常々思っています。

そんな中、ちょっと斬新な傘を見つけました。
本来とは逆方向に開く傘です。
その名もsaKASA!(ダジャレかい!)

革新的・画期的とまではいかないかもしれませんが、逆側に開くという発想、
とても良いアイディアだなと思いました。
ちょっとお高めではありますが、自立できる点、使ったあとすぐにズボンに
当たっても濡れない点、強風でも壊れにくい点など、なかなか良い点ばっかりです。

実は僕もまだ買ってはいないのですが(買ってないんかい!)、
傘の歴史の中ではすごい進化なのではないでしょうか。
このタイプの傘が主流になる日もそう遠くないのかもしれません。

ちなみに、僕が理想とする傘は、
・両手がふさがらない
・足元まで濡れない
この2点を満たしたものです。

腰にベルトみたいもので固定して、体をすっぽり覆うような傘なんてどうですかね?
イメージ的にはこんな感じでしょうか。

umbrella.png
(絵が下手!)

こんな傘が発売されて、強風が吹いても体ごと持っていかれないのであれば、即買うのに!

以上くだらない妄想でした。
posted by OJ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする